秋田・男鹿・奥入瀬旅行記(1日目)
(2022年6月10日〜2022年6月12日)


2022年GW、ハワイ便が大盛況に復活を遂げた。

GW後、コロナ禍にお世話になり続けたJALの国内旅行セール価格が前年の2倍近くなる。国内旅行料金が元通りになるならば多少高くても海外旅行に舵を切るべきなのか。まだまだ国内旅行が続きそうですが。
 
 
 
2022年6月10日(金)

本日も早い。羽田発が7時台だと安心します。安心して慢心するのは危険です。ときどき慢心の「慢」を見て鰻の香ばしさを思い出します。「です」「ます」で終了する文体は語りかけるような文章になるため、読みやすく親しみやすい文章になるのが特徴らしいです。好感度が上がってます。機体も上がってます。

JAL161 羽田7:00 ⇒ 秋田8:05

 
秋田空港からはオリックスレンタカーが現地の足となる。ですます調終了。

我が家に不要なレンタカーあるあるを言いたい。案内されたときトランクが開きがち。車内がエアコン全開で強風がち。ナビに目的地設定をしてから出発したいのに、お見送りの圧に負けナビ設定前に出発しがち。おもてなしとは難しいものです。

目的地への通りすがりに道の駅あきた港に立ち寄ってみた。
 
 
高さ100mのセリオンタワー展望ロビーが無料に感無量です。展望ロビーは秋田港を愛でるべき施設なんでしょうが JR貨物(秋田臨海鉄道)の秋田港駅の引き込み線に留置されている24系客車を見てわかりやすく喜んでしまいました。
 
 
鉄分補給よーし。


最初の目的地は男鹿市です。男鹿市といえばアレですが、ってか秋田県総出でアレ推しですが、男鹿市に入ると立派なアレがお出迎えです。 男鹿総合観光案内所の巨大なまはげです。
 

巨大なまはげのサイズは15m、ただ周囲に比較できるものがないので巨大さは全然伝わってこない。悪い子はいねえが〜♪比較になるような高い建物はねえが〜♪



まずはその推しの強いなまはげ館に行ってみた。
 
 
ナマハゲとは、真山・本山に鎮座する神々の使者と信じられており、年に一度大晦日に「怠け者はいねが。泣く子はいねが」と各家庭を巡り、悪事に訓戒を与え、厄災を祓い、吉兆をもたらす来訪神として練り歩く民俗行事だそうです。ハロウィンみたいなもんか?
 
 
なまはげ館の見どころは、なまはげ勢ぞろいですね。男鹿市内で実際に使われていた160体近くのなまはげが展示されている。圧倒されるし、不思議と笑えてくる。ナマハゲ習俗を紹介する映画「なまはげの一夜」の上映もある。

あと、なまはげ館のお隣りの伝承館では迫力あるナマハゲ劇場も催されているとか。残念ながらJALパックのクーポンではそこまではカバーしていなかったです。ケチってる子はいねえが〜♪
 


 
ここで少々早めのランチです。なまはげ館からの道中で貪りました。 頬張ったのは巨大なまはげ近くのベーカリートラさんで買ったパンいろいろ。
 
 
ベーカリートラさんはカレーパンが有名らしい。食べました。餡子系のパンが好きです。食べました。おいしそうな総菜パンがありました。食べました。生地もちもち。安い。塩味が効いて最高にウマかったです。 月並みですが、近所に欲しい一軒でした。



食後は本日のメインイベントです。男鹿水族館GAOです。
 
 
男鹿水族館には観光客がわざわざ足を運ぶほどの物珍しい生物はいない。ホッキョクグマ、アシカ、アザラシ、ペンギンなど子供に人気の定番ものや、サザエ、アオリイカ、ホッケ、カンパチと酒飲みのお父さんに人気のものまで。
 
 
水族館の楽しみ方はいろいろだ。我が家はアザラシ推しです。 しかしなんだかな。なまはげ館の影響を引きずりすぎてペンギンやアザラシを見ても発する言葉は色気ない。
 
 
泣く子はいねえが〜♪
親の言うごど聞がね子はいねえが〜♪
飼育員さんの言うごど聞がね子はいねえが〜♪
収入は上がらねえのに物価だけ上がって困ってる子はいねえが〜♪

男鹿水族館ならではの楽しみ方でした。





男鹿水族館をあとにして向かうはホテルであーる。時間的に早くて旅行者にはもったいないのは承知ですが、ホテルに早く行かなくてはいけない理由がある。1泊目のホテルは旅程の都合で大館でホテル選びをしたんです。いろいろあれど最終候補は2つ。小綺麗そうなチェーンホテルと、年季の入った秋田犬付きのホテル。秋田犬を餌に客を呼ぼうとしてる感は否めないけど、嫁が選んだのはその後者。

されど秋田犬にも都合があって24時間フル稼働で宿泊客をもてなす気はないようで、2日目にSNSに記載してある通りホテルに直接メールで問い合わせてみた。返信来ず。


さて大館市。ホテルにも檻の中だが秋田犬はいるものの、ホテル近くの秋田犬の里にも秋田犬が常駐しているらしい。 そんな秋田犬の里ですが入場料が無料と太っ腹。お土産が充実していて入場料代わりにお土産を購入させる作戦かもしれん。その作戦に乗っかるつもりで秋田犬の里に行ってみた。
 

展示されている秋田犬は1頭。当たり前だけど犬に客をもてなす気があるはずもなく、係員さんも同様で少々気落ちしていたときに遠目に発見しました。お散歩中の秋田犬3頭です。鼻息荒めで近寄りました。飼い主さんも親切でした。我らは幸せものです。
 

さて問題です。今夜お世話になるロイヤルホテル大館には19時から夜鳴きラーメンのサービスがある。半ラーメンとごはん一杯。謳い文句を引用すれば、本格鶏ガラスープとベストマッチの中太ちじれ麺の半ラーメン、それにガス釜で丁寧にふっくらと炊き上げた地元大館産の厳選品「あきたこまち」のごはんだそうです。

その夜泣きラーメンで夕飯を済まそうとしているのは我が嫁である。いやいやいや無料はいいけど、もっと美味しいものを金を払って食った方がいいぞ、そう主張するのは我である。 そんなわけでホテルの無料の食事は少量につき、近くで弁当を買って夜泣きラーメンに対峙したのは言うまでもない。
 
 
夜泣きラーメンは胡椒を効かすとウマし。


食後は館内の天然温泉で汗を流す。脂も流れればいいのに。
 
1日目 2日目 3日目
鹿児島・指宿全国旅行支援旅行記'22 長崎・佐世保・島原旅行記 '22
高千穂峡・柳川リベンジ旅行記 '22 東日本鉄道フリーパス旅行記 '22 宮崎・えびの2泊3日旅行記 '21
熊本・高千穂峡・阿蘇旅行記 '21 福岡食い倒れ2泊3日旅行記 '21 Go To 長崎旅行記 '21
Go To 函館旅行記'21 Go To 青森旅行記'20 Go To 鹿児島旅行記 '20
Go To 宮古島旅行記 '20 Go To 札幌旅行記'20 TOP