トップページへ


ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
【8ちゃいじゃないけど、はっちゃけ岩まつり♪】

(2012年8月11日〜2012年8月19日)

★ 4日目 

 


ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記 アーサー!朝です。今日もオープン直後の7時に朝食会場に。さすがモアブ、どの客も早起きのようです。

本日もオレンジジュースで五臓六腑を叩き起こし、マフィンとゆで玉子とコーヒーを小鳥のついばみのように落ち着きなく食い漁る、なんてわけもなくのんびりのお食事タイムです。早起きしてのんびり食うか、遅起きして慌てて食い散らかすか、それは自分次第。

しかし嫁よ、君はゆで玉子の殻を取るのが下手すぎるぞ。ゆで玉子のせいにもするんじゃない。
アーチーズ国立公園 朝はアーチーズの残りの見どころウインドウズセクションを少々徘徊。駐車場からはノースウインドウが見える。近くまで行くとサウスウインドウも見えてくる。これをタレットアーチの方から見るとあらこれが別名メガネなんですね。メガネ(旦那)がメガネを撮ってみた。

しかし、このままじゃタレットアーチがただのメガネの撮影場所になり下がってしまうので、その偉大さを示すために嫁にマッチ箱の役目を任じたら、あの野郎調子に乗ってジャンプなんかしやがった。よく足が上がっているじゃないか。ウィンドウの下、ピンク少女の左上に飛んでいるのが嫁。そんなタレットアーチを遠くから撮影したのがその下の画像なのだ。どうだデカイだろ?

次にそのお隣りのダブルアーチに。昨夜に雨が降ったのか砂地が少し固まって歩きやすい。このダブルアーチ、前日のダブル・オー・アーチとは違って1カ所から2本のアーチがV字型に架かっているダイナミックなアーチなのだ。このセクションはお気軽に来れるくせになかなか見応えがあって面白かった。

勝手にアーチーズ国立公園を総じてしまおう。デビルスガーデンはトレイルを楽しむ場所。デリケートアーチはアーチそのものの偉大さを楽しむ場所。ウインドウセクションはお気軽に立派なアーチを楽しめる場所。バランスロックはまあその目印ですな。
その以外にもここアーチースは岩岩岩ワールド、どんな岩も見方、角度によって全然違う姿を見せてくれるのでそんな楽しみ方もあるでしょう。ちなみに、この下の写真の岩を嫁は「山」という漢字と評したけど、小三レベルの僕に言わせれば「小便中のアレの航空写真」だな。
アーチーズ国立公園
アーチーズ国立公園
アーチーズ国立公園 アーチーズ国立公園
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記


アーチーズで遊んだあとはブライスキャニオンまでの長い長い移動なのだ。191号から70号、89号、12号、63号を経てたぶん4時間強。

この移動中、特に最長だった70号を走っているとき僕は悟った。ドイツ車は早い。ニッサン車もなかなかだ。風光明媚なビュースポットがあると近距離でも無駄に多く休憩所があるのに、ビュースポットがないと延々とトイレを全く設置していないハイウェイってどうなんだ?不親切だ。最初あまりにもトイレスポットが多いことに油断した挙句小便休憩を引っ張った結果お漏らししそうになったのはアメリカの陰謀に違いない。

しかし、そんな陰謀にも負けず、前回のアメリカ旅行でガス欠の恐怖を経験した僕は、まだまだガソリンに余裕があるにもかかわらず途中サライナでハイウェイを降り、給油のついでに膀胱に緊張を解く許可を与えたのを誰も知らない。おまけに食事のカモフラージュ付きだ。はい、おなじみサブウェイ。時間は早かったけど、アメリカの田舎では給油と食事とトイレはあるときに行っておけ、これ教訓。食べたのはツナメルトの一番長いやつを2人でシェア。もちトーストで。おなかいっぱーい。
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
 

 
ブライスキャニオン

その後はなんもない89号を南下すると、周囲は緑に囲まれ始め、クリークが流れ、あっお花畑があるよ、と思っていたらやっぱりだんだん岩岩岩してきました。ブライスキャニオン手前では岩のトンネルのお出迎えです。

まあそんなことを言いつつもブライスキャニオンに到着。富士箱根伊豆国立公園にもしっかり行ったこともないのに、アメリカの国立公園を満喫してるなんてどんな野郎だ。

ここにはたくさん展望台があるんだけど、ウチはベタにお勧めされている4ヵ所で十分。まずはサンセットポイントでブライスキャニオンと初対面。スーツケースから長袖装着。初対面といってもモジモジはしない。曇りがちだけどなかなか風光明媚な剣山模様。せっかくだからとナバホ・ループ・トレイルを歩きだすと粒大き目の強雨が僕をいいオトコに変える。髪の毛から滴る水滴。なんかカッコいい展開だけど寒くて挫折。まあ明日もあるのだ。

それならばとクルマで他の3つのスポット散策。インスピレーションポイント、ブライスポイント、サンライズポイント。いやーすばらしい。岩の芸術やーん。と思い込もとしても、いや実際そう思うべきなんだけど、アーチーズの後だとちょっとインパクトが劣ってしまうのは致し方ない。こんなことならアーチーズを最後に行けば良かった。嗚呼無理なたられば。

で、このスポット散策でだいたい悟ってしまった。根拠はない。ただの思い込みだけど明日の朝はブライスポイントで朝日を拝んで、サンセットポイントでトレイルをしよう。ガイド本の受け売りのような気もするが構うもんか。今日は寒いんで温かい風呂に浸かって毛布にクルクルされたい。なんだ今日は下見か。そんな感じだ。

ブライスキャニオン
ブライスキャニオン
ブライスキャニオン ブライスキャニオン
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記 そんでお宿。ブライスキャニオンの近隣の町と聞いていたのでもっと近いと思ったのに結構遠いぞ、トロピック。スーパーマーケットを併設しているガソリンスタンド1軒とピザ屋1軒のちょっぴりおセンチな町じゃないか。

今回お世話になるB&Bはその名もブライスキャニオン・イン。町唯一のピザ屋の匂いを満喫できる、実際は併設しているお宿なのだ。部屋に入ってすぐに確認したのはバスタブ。あった、あった、バスタブがあったー!モアブではバスタブがなかったので一抹の不安を抱き締めまくっていたのだ。
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記 で、問題はやはりお食事である。15分走ってブライスキャニオンの周辺に戻るか、この町で済ますか。節約家だけに元気とガソリン代を勘案してこの町にしてみた。

次にピザ屋かスーパーかが悩みどころだ。スーパーのめぼしい食材(デリカ)はすでに売り切れ状態。そんななかニッポン人の国民食カップヌードルを発見した。ピザもいいけど汁物がいいんじゃないか、貧乏丸出しの夫婦の意見はそこらへんだけが一致し、カップヌードルと甘いクッキーとポテチがこの日の夕食になった。
普通の醤油味(海老入り)とクリーミーチキン味、チキンベジタブル味。なんかこのカップヌードルたちに興味しんしん。

ここまでは良かった。本当に落ち度のない運びだった。宿のコーヒーマシーンでお湯をもらったときからなんかぐずぐずしてきた。3分経って蓋を開けたらお湯が、お湯が、お湯がぬるくて麺は超ぼそぼそで、スープは飲めたもんじゃなかった。

翌朝、朝も明けきれない時間にピザ屋の前で写真を撮ったのはたぶん食い物のアレのせいでしょう。

レンタカーの走行距離322マイル(515.2q)。
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記


 
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
6日目 7日目 8−9日目 前回の旅行記 トップページへ