トップページへ


ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
【8ちゃいじゃないけど、はっちゃけ岩まつり♪】

(2012年8月11日〜2012年8月19日)

★ 7日目 

 

ほぼ気分は最終日の朝を迎えてしまった。帰り掛けている。ダメだ、こんな悲観的思考じゃ。チャーチルをチャーチルを思い出せ。
そう思いながら僕はチャーチルのことをほとんど知らなかったことに気が付いた。理系だったから世界史は知らん。こんな言い訳が大人の世界で通用するのだろうか。

そんな葛藤する旦那を無視して、嫁は朝一からプレミアムアウトレットノースで次々と買い物をしていた。あいつこそチャーチルだ。
 
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
 
そして早くも昼飯である。3度目のアレである。もうこの際モザイクを掛けてしまおうかと思うほどまたまたIN-N-OUT Burgerです。もし僕たちにチーム名があったら木更津バーガーズに違いない。木更津はいまだかってご縁がない土地だけどインパクトと語呂は大事にしたらこうなりました。そんなことをフムフムしながら食べております。

しかしいつも同じではない。僕はこのとき隣の客からすごいことを学んだ。盗み見ただけだ。このハンバーガー、サウザン系のソースで味付けされてるんだけど、店員さんに言えば追加用のソースを小袋でくれるようだ。僕には不要だがな。

その後はプレミアムアウトレットサウスでまたまたお買い物。サウスはノースと違って屋内型で通路にはベンチも設置してあるのでなかなか涼しくてよろしい。しかし日当を請求したくなる苦行だ。

嫁はめぼしいものを探し、旦那は座れるところを探す。これはチャーチルのそれと遜色ないほどの格言だな。

 
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
 
買い物三昧を早めに切り上げさせて、明るいラスベガス散策を嫁に無理強いしてみた。ホテルにクルマを置いて早足で、時間がないんだから早足は仕方ないんだけど、ベネチアンに行って、次にベラッジオの噴水を見に行った。

早足がたたったのか買い物中は縦横無尽な動きをしていた嫁が鼻の頭に汗を浮かせながら道半ばで挫折した。私、あとで行くから…。
買い物中はあんなに元気なのに…と思うと僕は嫁に腹を立てた。そして腹が鳴った。
 
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記


そう腹が鳴ったから、噴水の後にミラクルマイルショップスにあるEarl of Sandwich(サンドイッチ伯爵)でイタリアンサンドイッチを食うことにした。大行列だ。

ここのサンドイッチは他のささっと作るサンドイッチとは違って、しっかり火を入れるタイプで時間はかかるけど、食材の旨み(甘味)が結構引き立ってウマい。サクッとしてホワッとしてジュワっと来ると言ったら伯爵もご満悦だろうか。さすが伯爵。
ひと昔前ならルネッサ〜ンとか言っちゃうところだけどそれだけは止めておいた。僕に限っては。

 
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
 
そんな伯爵をウマそうに食っていた横では、嫁が中国人に何か文句を言っていた。その後観光がてらファッションショーに買い物に行こうかと優しさのアレを出すと、へばっていた嫁がいきなり立ち上がり、前をチンタラ歩いている観光客に悪態を繰り返しながら、軽やかなステップで僕の先を歩んだのは理解不能な部分である。
そしてファッションショーで買い物をし、同ビルのパンダエクスプレスで食事をしたあと嫁の前歯にネギが付いていたのはいつものことです。

 
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記

その後はストリップのホテル巡り。ミラージュでボルケーノを見ーの、夜の噴水を見ーの、ラスベガスのキラキラを目に焼き付けて、そして部屋での荷造り開始です。

 
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記

本日のレンタカー走行距離20マイル(32q)。

服を買いすぎて重ね着して帰らなくちゃダメかと思いましたが、そこそこ収まりました。まあ行きのスーツケースがスカスカでしたから。


 
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
6日目 7日目 8−9日目 前回の旅行記 トップページへ