トップページへ


マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記
(2011年8月6日〜2011年8月13日)

★ 3日目 

 


マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記 3日目。とうとうやって来た。胃疲れが来て、コーヒーだけで済ます朝ゴハンが。いやいや違う。コーヒーだけなのは昨夜買い物をする時間がなかったからで、来たのは晴れの神様が来たのだ。前日から時々遠隔願掛けしていたんで、参拝怠慢の刑放免です。

ちなみに無料のコナコーヒーは薄かったんで、今日から自前のコーヒーへ変更したのはわかるわけがないだろうな。

ところで、晴れだ、晴れだ、と小躍りしながらも今日はキヘイへの移動日なので効率よく動かなあかん。
嫁が美しいホノルアベイ(Honolua Bay)が見たいと言う。ハイ採用。
嫁がカパルア・ビーチ(Kapalua Beach)で泳いで、ホノルアストア(Honolua Store)でランチしてキヘイに向かおうよと言う。ハイ採用。
嫁がチェックアウトは今からしちゃおうよ。ハイ採用。

ということでお互いの意見をすり合わせた結果、ホノルアベイを俯瞰してみた。飛び込みたいくらいの美しさだけど飛び込むわけはない。青空の神様、ありがとうございます。
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記 そんでカパルア・ビーチ(Kapalua Beach)でシュノーケリング部活動再開です。さすが全米1に輝いたことがある美しいビーチ。よく整備されていて、砂浜や芝生もあるので居心地がいい。ちなみに日本一のビーチは宮古島の与那覇前浜ビーチらしい。

そんな歴代1ビーチも潜ってみると、前日も感じたんだけどマウイの海は沖縄と比べて透明度がよろしくない。常夏で観光客が多いからかな。シュノーケリングへの過度の期待禁止令を発令しないと楽しさが半減しそうです。
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記 マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記 ランチは2日連続でホノルア・ストアです。僕はチキンサンドイッチ、嫁はパニーニ的グリルドベジサンドです。

チキンサンドイッチは分厚いチキンを表面カリっとよく焼きながらも、中は柔らかくジューシーな一品でした。軽く味付けしてありますが、お好みでケチャップやマヨネーズ、マスタードなど駆使して自分なりのアメリカンテイストを楽しんでしまいました。ひとつでガッツリ5パターンの味を楽しんじまったぜ。

嫁のふんわりもっちりパニーニはしんなり火の通ったナスやピーマンなどの夏野菜をバジルソースで絡めて挟んでありました。野菜の甘みが堪能できます。デカすぎます。カーリーフライも最高っす。

Honolua Store
住所:502 Office Rd. Lahaina, HI 96761-9030
営業:06:00〜21:00

その後は西マウイに別れを告げ、南マウイ・キヘイへ移動です。移動中はラジオから流れるご機嫌な音楽にカロリーを消費してしまいました。ホノルアストアのピーマンみたいな唐辛子でもカロリーは消費できそうです。
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記 マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記 キヘイでお世話になるのはキヘイ中心部から少し外れたマウイ・ビーチ・リゾート(Maui Beach Resort)です。キヘイの北部、南マウイの付け根に近い部分にあって、マウイ島の観光の中心部分にあるのでどこへ行くにも利便性がいい場所かも。我が家的には次回はここベースで西マウイや南マウイには1日ビーチホッピング、ショッピングに中央マウイなんかいいねと話しておりました。ただ少々廃れてますけどね。

部屋はカハナ・ヴィラ同様にベッドルーム、リビング、キッチン、バスタブ、洗濯機などなどが付いていて、これってマウイ島の平均的スタイルなんでしょうか。
窓からはプールやジャグジー、バーベキューコンロ完備の中庭が見え、その先には海が。ここも見事なパーシャルオーシャンビューですね。ラナイに出なくても部屋のソファーから海が見えるって早起き助長システムですよね、きっと。

Maui Beach Resort(Maui Beach Vacation)
住所:515 S. Kihei Road, Kihei, HI, 96753

しかし、この日はそんなに悠長に過ごす時間はない。行かなければいけないんです。
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記 で、辿り着いた先はまたしてもカフルイの町。ここで行楽のお伴にクリスピー・クリーム・ドーナツとマウイチップスを買い、昨夜の二の舞にならぬように入念な調査を。そうだ、これからレンタカーで、非力なフォーカスでハレアカラ山頂までサンセットドライブに行くのだ。

そこで嫁をロス・ドレスに残し、ハレアカラから戻ってきても営業しているB級グルメ店調査なのだ。L&Lドライブイン、タコベル、ジャック・イン・ザ・ボックス、バレなどなど大丈夫そうだ。

よーーーっし出発です。と意気込んで出発しましたが、曲がるところを通り過ぎて遠回りしたことは言うまでもない。急がば回れ。無事到着すればなんでもOKなのである。運転中は雲の中を通ったり、雨に降られたり、靄(雲)で視界が悪くなったり不安ばかり募りますが、アントニオ猪木師匠の立ち止まれば道は道でなくなる論を思い起こせば全然大丈夫。カフルイからは道を間違えながらゆっくり進んで1時間半くらいだったかな。

で、ここでプチお得情報を紹介したい。通常ハレアカラ国立公園に入場するのには入園料10ドルかかるらしい。しかしなんだ、公園管理人の従事時間が6時くらいから15時くらいまでなんでこの時間を避けて入退場すれば入園料はかからないのだ。つまりサンセットだけ見に行くんだったら入園料が節約できる。どうだ、セコいだろ?日の出もいいけど日の入りはかなりいい妥協案ですよ。だって早起きいらず、防寒もそこそこでOK、入園料無料、深夜運転のリスク回避。

そんなサンセットのおすすめは日の入り前後30分くらい。日が沈んでいく姿も幻想的だけど、日没後が美しい。日が沈むと帰る人もいるけど沈んでから再び明るくなるマジックアワーが美しいんだな。

気持ちよくサンセットを楽しんでいたら、日本人専門のツアー会社「風のなんたら」の中国人コンダクターが超ウザくてムカついた。

「今日は最高やん。お前ら幸せもんや。みんなオレのおかげやぞガッハッハ。本当に最高やん。オレの写真の撮り方最高やろ。お前らヘタクソやな」とツアー客に汚い言葉を連発し、静かになったと思ったら満足げにタバコを吸いやがるあの自己満足野郎。あいつの運転するバンの車内は最低やん。そんな中国人が存在して雰囲気を害しても、ハレアカラさんは最高です。
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記 マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記 山頂を7時半頃出発し、カフルイに辿り着いたのが8時半過ぎ。車内ではハレアカラでの感動を忘れ、夫婦は何を食うか言い争い、俺はガッツリだ、私は汁ものの気分なの、と折衷案を採用してマウイ・マーケット・プレイスのフードコートに落ち着いた。

僕はL&Lドライブインのチキンカツを、嫁はBALEでサイミンかフォーか汁気分を覆し、同じプレートランチ系のL&Lドライブインでベジタブルサイミンを頼む。するとハレアカラで神様に触れてしまったかのような奇跡が訪れた。チキンカツがいっぱーーーい。サイミンの汁に野菜の旨みがよく溶けてウマすぎます。時刻は9時を過ぎ、夫婦はフードコートを追い出されても閑散した路上で汁を最後まで啜り続けたのでした。隠れた名汁L&Lドライブイン。

L&Lドライブイン、BALE
住所:270 Dairy Rd, Kahului(マウイマーケットプレイスのフードコート内)
営業時間:9:00〜21:00(営業時間を過ぎると食事中でも追い出されます)

本日のレンタカー走行距離 145マイル(約232q)
マウイ島&オアフ島のハワイ旅行記

 


 
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
6日目 7−8日目   前回のハワイ旅行 トップページへ