トップページへ


浮世潜り人の宮古島旅行記
【宮古の犬はひとりで散歩いけるで〜♪】

(2012年4月21日〜2012年4月24日)

★ 4日目 

 


宮古島旅行記 最終日の朝。海に潜ろうか?もういいよ。朝食時の淡白すぎる会話。素潜り爺と婆ですな。

以前だったらシャワーも浴びずに濡れた水着持参(着用ではない)で飛行機に乗るほどがむしゃらだったのに、うず巻きパンをうずに沿って丁寧に食べていく大人の余裕ひしひしです。宮古空港で売っていた、けど買い忘れた伊良部島まるそうパンのうず巻きパンじゃなくてもいい。そんな余裕も感じられますな。

ジーマミー豆腐は豆腐であって豆腐ではないね。
宮古島旅行記 池間大橋 天気は晴れそうな曇り。晴れた池間大橋の写真を撮っていなかったので時間もあるし、池間大橋へ。

やっぱり曇りですな。この旅行のために防水パックから買い替えたお遊び要素の強い防水カメラのミニチュアモードで少し遊んでみました。周囲がボケて、色のメリハリが付くんでしょうか。青い空が望めないときはこんなカメラ遊びも面白いかも。

帰りは荷川取漁港のんきゃんどらさんで本日の非常食としてマグロメンチカツバーガーをお買い求めです。
宮古島旅行記 伊良部大橋 で、あまりにもヒマだったので、昨日挫折したサンセットビーチを探していたらこんな場所に辿り着いた。いつできるのか不透明なざ・公共事業「伊良部大橋見学ステーション」です。

宮古島からはすでに池間島に池間大橋、来間島に来間大橋があって、そして今度は伊良部島に伊良部大橋を架けるんですね。そんなここが微妙に面白い。最初は普通に写真、ミニチュアモードで撮影してたんです。
で、見渡せば公共事業を正当化するような視察用長望遠鏡が1台。これで伊良部大橋の工事進捗状況を見ろと言うのか。見た。かなりの望遠だったので向かいの伊良部島も見てみた。やはり山頂に変なオブジェが。そして望遠鏡をぐるっと振りきれば探していたサンセットビーチが大写し(紹介している画像は倫理上普通サイズ)になった。誰かが遊んでいるぞ。探検隊員1号(僕)が叫ぶ。ビキニのネーちゃんか、隊員1号はピーピングトム状態だった。そして隊員2号(嫁)の目を盗んでサンセットビーチで遊ぶ集団を覗いてみた。
あーーーヌーディストビーチなり。推定3歳のレディーが全裸でビーチを駆け回っている。3歳とは言え、なんかこんなシチュエーションにドキドキする阿呆な1号でした。総じて言えば、ニコンの望遠鏡はすごいっす。
宮古島旅行記
宮古島旅行記 伊良部大橋 宮古島旅行記 サンセットビーチ
宮古島旅行記 古謝そば屋 最後の昼飯はまたまた古謝そば屋さんです。他にも候補があったんだけど、また一年そばが食えないと思ったら最後の食事は絶対に失敗はできん。石垣島での〆は来夏世さんであるように、宮古島の〆は古謝そば屋さんに決定です。

注文したのは宮古そばセットと野菜そば。間違いありません。同じ店に来て同じメニューを頼んでしまうなんて冒険家?失格ですが、前回嫁がメインに食った野菜そばがうらやましかったんです。あんまりくれなかった。

宮古そばセットを食っていたら、この旅でもずくを食っていないことに気が付いた。母さん、これが宮古島のもずくだよ。歯応えがあって、しゃきしゃきしてます。活きだね〜♪
宮古そばのスープは透明感がありかつおの風味豊かでそれを豚骨が下支えしてる感じでおいしい。ややあっさりめが丁寧なお仕事です。

そんなわけで最後の食事中、南の島に来ると、わあすごいこんなに毛が抜けたよ!的な日々薄毛の恐怖に慄いておりましたが、明日からは空気の汚い町で髪の毛のケアに勤しもう、そうもずくに誓うのでした。
宮古島旅行記 古謝そば屋
宮古島旅行記 とうとう帰りの第一歩。宮古空港への道すがら、センチメンタルが止まらない夫婦にナビ爺さんが囁いた。

「この先、左折専用レーンがあります。ご注意ください」、宮古島で300キロ以上レンタカーを走らせて唯一発した音声がそれだけなんて、お宝ボイスを聞いちゃったんでしょうか。この先、左折専用レーンがあります。ご注意ください。この先、左折専用レーンがあります。ご注意ください。この先、左折専用レーンがあります。ご注意ください。この旅行記、思い込みばかりです。ご注意ください。この旅行記、そろそろ終わります。お疲れさまでした。
宮古島旅行記 んきゃんどら 旅行記後記。
宮古島から無事帰宅した夫婦がまずしたこと、それは夕食だった。また食うのか。嫁の食べ残しをもらい続けた僕は旅行後2kg肥えることになった。2、3日で戻るかと思ったけど10日経っても戻る気配はない。

で、夕食の話だった。暴食が続いた結果、空港で食うはずだったんきゃんどらさんのマグロメンチカツバーガーはその日の夕食になり、ウマそうだったのでつい一緒に買ったカジキソテーも無事太っ腹に収まることになった。そして遠い目をして思うのです。マグロメンチカツバーガー、もっと食いたい。

あと沖縄の店には不定休が多い、ふてい野郎だ、と思っていたら、もしかして台風とかの影響でこんな曖昧な定休日設定なのかとやさしく思ってみた。よく晴れた日も臨時休業でした。心はどしゃ降りなんでしょうか。
そして、ベランダから星空を見て思うのさ。今、見ている星の光は遥か昔に放たれたもの。そうつまり僕は過去の明かりを頼りに現在を生きているわけで、現在は過去で、もしかして過去だったら学校で習った現在進行形も未来形も意味ないわけで、星空の写真は難しいわけです。そんな宮古島でした。
宮古島旅行記 んきゃんどら

 


 

最後に食欲と旅心を損なうかもしれませんが節約系サイトなんで、
【 旅の家計簿 (2人分) 】
羽田までの電車賃(往復) 3,560円 レンタカーガソリン代 3,132円
宿泊代(レンタカー料金込) 27,000円 合   計 49,262円
現地食費・その他滞在費 15,570円 一人当たりの旅行費用 24,631円
※マイレージを利用した旅なので航空券は無料でした。
次回行くときのシミュレーション【食事編】
  1日目 2日目 3日目 4日目
六三四野 んきゃんどら んまや〜 郷家
古謝そば屋 自炊 腰原食堂
くになか食堂のてんぷら んきゃんどらのてんぷら

 


 
1日目 2日目 3日目 4日目 2011石垣島 2010石垣島 トップページへ

2013宮古島へそ曲がり旅行記はこちら