トップページへ

自称節約家FPが青春18きっぷを利用してみた
 

 


  

「青春18きっぷ」って知ってますか?僕はずいぶん前から知っていた。知っていたけどその楽しさを知らなかった。少々制限が多い切符なんで避けていたのかもしれない。しかし、利用してみて楽しさを知ってしまいました。節約旅行、貧乏旅行、そんなネガティブなイメージが先行するけど、その実態は?

「青春18きっぷ」を熱く、そして詳しく語ることはできん。それは一流サイトにお任せして、ざっと説明しておきましょう。
青春18きっぷは、JR線の普通列車が一日乗り放題となる、期間限定の特別企画乗車券です。春季・夏季・冬季休暇期間を利用期間として発売され、原則として新幹線・特急・急行列車を除く列車に乗車することができます。遠くに行っても、都内近郊を一日ぐるぐるしてもOKなお得な切符。利用者の年齢制限はない。

販売価格は、5回分で11,850円。5枚つづりで切り離せる切符ではなく、1枚の切符に利用の度にスタンプを押していく。1回2,370円分以上乗れば元が取れる計算です。

利用方法は、利用期間中にひとりで5日間利用してもいいし、5人で1日1枚の切符を使うことも可能(但し行動制限あり)。
これが厄介ですね。販売の最小単位は5回分、ひとりで5回、5人で1回ならいいんだけど、2人で利用する場合どうすればいいかってことになる。2人で2日間利用して1回余らせるか?余った1回分を無駄に消化するか?ただ答えは簡単かもしれない。金券ショップやネットオークションを利用すれば、自分の利用したい回数分を購入・売却することができる。ただし、売却する場合少々難しい場合がある。

たとえば、利用期間が夏季(7月20日〜9月10日)のきっぷの場合、自分が8月10日までに先に4回利用して残りの1回分を売却すれば、残りの利用期間はまだ1ヶ月あるので売却も難しくない。
逆に自分が利用したいのが9月1日から9月10日の場合、自分が利用した後に売却することはほぼ不可能。オークションなどでは自分の利用前に1回分を売却し、期日(この場合は自分の利用する9月1日の前日)までに返却してもらう利用者もいますが、返却リスクは否めない。なら買う方になればいいのか?

先にも書きましたが5回分で11,850円、1回分2,370円の計算ですが、4回しか利用しない人は1回あたり2,963円(11,850円÷4回)で元が取れれば、リスクを背負わず、余った1回分を捨てる方法も悪くないと思います。青春18きっぷの単価で損得を捉えるか、本来支払うべき運賃との差額を損得と捉えるか、ですね。

(注意)2014年夏、消費税増税により青春18きっぷは11,500円から11,850円に値上げされました。
 


 
 
■初めての青春18きっぷ利用の旅(旅の概要)■
  
年末年始に愛媛県に帰省する際、12月30日に大阪に用事ができてしまいました。単純に愛媛県との飛行機往復利用もできず、新幹線利用も考えましたが、途中で大阪泊を余儀なくされたので青春18きっぷを利用するいいきっかけになりました。
 
青春18きっぷ利用旅 青春18きっぷ利用旅

 
■初めての青春18きっぷ利用旅程■
  
12月30日 
小田原0:31⇒大垣5:53(快速ムーンライトながら利用:指定席料別途)
大垣5:58⇒米原6:31/6:34⇒京都7:27
その後JRを利用し、京都、大阪と電車利用で観光。新大坂のホテル泊

出発地の小田原までは普通運賃が2,300円未満だったので青春18きっぷを利用せず。
快速ムーンライトながら号は夜行列車だけど消灯はなく車内はずっと明るい。おすすめの持ち物は耳栓、アイマスク、マスク、新聞紙。新聞紙は睡眠中に靴を脱ぎ床に足を置くため。スリッパは憧れ。大垣ダッシュはムーンライトながら6両目からでも走ればボックスシートに座れました。

12月31日
新大阪8:25⇒姫路9:33/9:39⇒相生9:58/10:29⇒岡山11:39/11:42⇒坂出12:19(昼食)
坂出13:30⇒観音寺14:27/14:41⇒伊予西条15:44/15:52⇒松山17:51

当初の予定では新大坂8:55発に乗る予定だったけど、早起きしたので30分早い電車に乗ってみた。相生駅で30分余計に待たされただけで相生駅以降の行程は同じ。ただし相生ダッシュは免除。岡山ダッシュはボックスシート確保。

1月3日〜1月4日
松山9:28⇒箕浦12:49(昼食)
箕浦13:49⇒観音寺13:58/14:37⇒児島15:33/15:40⇒岡山16:03/16:10⇒相生17:17/17:18⇒京都19:14
京都20:31⇒米原21:27/21:29⇒大垣22:00
大垣22:49⇒東京5:05(快速ムーンライトながら利用:指定席料別途)

岡山ダッシュはボックスシート確保。相生までの電車が15分ほど遅れたため急遽の特別版相生ダッシュも成功。京都から米原までは1本前を利用して早めに大垣に着いてみたが、ムーンライトながらは大垣駅5分前入線なのであまり意味なし。1月4日明け方に帰宅。休憩後、普段行けない東京近郊観光。

 
青春18きっぷ利用旅 青春18きっぷ利用旅

  
■初めて青春18きっぷを利用した感想■
 
◆長時間の移動だったのでi-podや本を用意しましたが、風景を眺めたり、うたた寝したり、おしゃべりしていたら無用でした。移動ではなく旅をしたんですね。

◆時刻表はあった方がいいかもしれませんが、時刻表を上手に読めない僕にはインターネットの乗り換え案内で到着時刻指定でプランを練ったほうが確実でした。

◆夫婦二人旅でしたが、4人利用のボックス座席では隣り合わせに座るよりも、向かい合って座った方が楽だったかな。

◆疲労は否定しないけど楽しめれば高揚感で吹っ飛ぶかな。疲れを繰り越さないしっかりした睡眠を。
 
◆エクストリームスポーツ(※)化してる大垣ダッシュ、相生ダッシュ、岡山ダッシュも危険性はあるけど楽しんでしまいました。おまけに車内にトイレのない予讃線は、停車時間の長い駅で勝手にトイレダッシュも楽しんでしまいました。

(※)大垣ダッシュなどのエクストリームスポーツ…短時間の乗り換え時に乗車できたか、着席できたか、いかに美しく乗り換えができたかなどが主に競われるらしい。これに、いかに年長者に優雅に席を譲れるかも追加してほしいもんです。
    

 
 

次のページへ      トップページへ