トップページへ

チェンマイ再び旅行記(4日目)
(2018年4月20日~2018年4月24日)


2018年4月23日(月)

初老の朝は早い。休日だからって遅起きできる器用さが欲しい朝であります。

朝の目覚めはマンゴーのカットフルーツ。前日MAYAのリンピンスーパーで買ったんだけど、タニン市場よりもコスパが高いっす。
 
 
 
では朝ご飯行きまーす。

バイクはカオソーイ・ラムドゥアンを通りすぎカオソーイ サムー・ジャイさんへ。

カオソーイ店の食べ歩きの王道でよく比較されるこの2店ですが、口コミを見てラムドゥアン派が多くて、我が家もそのご意見を尊重してラムドゥアン一択、サムージャイさんには来たことがなかった。そして今回朝早く営業してるからという理由だけで行ってみました。
 
 
確かクーポン制みたいな記憶があったけど、早朝だったからか普通の会計スタイルでOKとのこと。注文はカオソーイガイ(40B)2つ。
 
 
チキンは小さいのが2本、身はとろけるようにやわらかい。平麵のでろでろ感もスープとよく絡む。そしてスープを飲んでハッキリしました。ココナッツミルク多めでクリーミー、でもスパイシーさは隠せない。なによりコクがすばらしくチェンマイで1番好みのカオソーイと出会ってしまいましたよ。

ラムドゥアン派あらためサムージャイ派です。絶品。
 
 
 
そんでバイクは2GET 1FREEの柔軟剤を求めふたたびテスコロータスへ。

WE GET “2GET 1FREE”!柔軟剤を買いに来たのに砂糖とカシューナッツ、豆乳、シュガー、ずっと探してたソイパウダーの大袋タイプ3箱までGETしてしまいました。

チェンマイで生活していないのに生活臭がすごい。
 
 
ホテルまでの帰り、The Juice Houseさんへ寄る。
去年店長のモノマネができるほど通い詰めたカフェ。もちろん今回もチェンマイ来た初日に行ったのに「22日までお休み」のつれない貼り紙が。そんな23日の朝の来訪ですよ。

店長、冷え冷えのカプチーノ、ホテルで飲むから包んでおくれ♪
 
 
そしてこの一杯で我が家は思い知ったのです。

The Juice Houseさん休業につきお世話になったCurry Puff Coffeeさんには悪いけど、味の良さというよりもThe Juice Houseさんのバランス感覚が好き。好き。大好き。告白や。
 

 
とうとう旅のエンディングが近づいてまいりました。まだ一日あるけど、レンタバイク返却の時間が迫っているのだ。半日貸しとかあればいいのに。

バイクがあると行動範囲は広がるけど、そうじゃないともうサンティタム近辺でじっとしてるしかねえ。まあメシの問題だけなんですけど。ソンテウ乗ってわざわざメシ行きますかって?そんな感じだ。

よーし最後にバイク転がすか?目的地はすぐそこのJiYai Organic Vegetablesですが。

注文は決まっている、前回とほぼ同じで野菜炒めイカ付きと豆腐生姜マッシュオニオン炒めイカ付き各50Bにソムタムスープです。
 
 
で、料理が運ばれて、白米を見て気付いてしまった。雑穀米がデフォじゃねえのか?注文する時「雑穀米でね」って言わなくちゃいけなかったのか?ところで「雑穀米」ってタイ語で何て言うんだ?しかし雑穀米がなくても野菜の旨みが変わるもんじゃない。ウンおいちい。

そんでトムヤムスープだ。やっぱりコッテリ派じゃなくてスッキリ派だな。スッキリ派だけに野菜とかキノコの旨みがシンプルに味わえる。トムヤムクンとトムヤムスープを同じカテゴリーで考えちゃうのがダメなんだなと反省するくらい味わい深くてうまうまでした。ってかこのスープも50Bって最強だろ。




時間は13時。バイクを返却するのは13時40分。そこは14時でいいじゃねえか、そういうところはシビアなタイ人は苦手だ。時間は残り少ないけどダメもとでバイクを走らせた。

いつもの場所にサイウアの屋台がありません・・・。


 
 
 
バイク返却後はThe Juice Houseさんへ。

注文はパイナップルジュースとミルクフラッペ。パイナップルジュースは常温状態から作っているんでホテルの冷蔵庫で寝かせてから飲む。ミルクフラッペはすぐに飲む。絶対ココだな。

閉店時間は20時、もう一回来るチャンスはある。
 
 
 
 
各自ぐだぐだ。


ぐだぐだ。


ぐだぐだ。
 
 
 
 
そしてとうとう来てしまった。この旅の最後の晩餐(翌日の機内食除く)が。もうレンタバイクも返却しちゃったんでホテルから歩いていけるエリア、そうソムタムウドンさんですよ。
 
 
わかってる、わかってるぞ、2回目だからセルフの野菜の在り処だって知っているぞ。注文はソムタムタイ、とうもろこしと塩茹で卵のソムタム、カオニャオ、コムヤーン、スパイシーシーフードサラダ。

最後の晩餐ということで豪華にしてみた(結果満腹で一品多かった)。ソムタムタイももちろんだけどコーンのソムタム最高だな。コーンの旨みが濃くて甘いと思ったらしょっぱい茹で卵が迎え撃つ。もう口ん中でお祭り開催中だな。

コムヤーン(豚の喉肉の炭火焼き)も最高。味付けがウマウマだし食感もいい。無料の野菜で巻いて食べてタレをつけて食えばヘルシー気分も味わえる。もう大爆笑。
 
 
 
 
帰り際もちろんThe Juice Houseさんへ寄る。

時刻は19時半、閉店30分前。お持ち帰りだから迷惑も掛からない。そんな意気込みで店に向かったら、ちょうど店長がシャッターを下ろしている最中だった。ハッとこちらを見てバツの悪い顔をする店長、今日は早仕舞いだそうです・・・。



最後の夜、おいしいジュースはない。せめてサイウア型の抱き枕があったら。。。
 


1日目(前半) 1日目(後半) 2日目(前半) 2日目(後半) 3日目前半
3日目(後半) 4日目 5日目 2017バンコク・
チェンマイ旅行記
TOP