トップページへ

生命保険を受け取ったときの課税関係


受取事由 保険料負担者 受取事態 対象となる税
満期保険金 保険金受取人 一時金により受取り 一時所得
年金形式 雑所得
保険金受取人
以外の人
保険料負担者から贈与により取得 贈与税
被保険者の
死亡保険金
保険金受取人 一時金による受取り 一時所得
年金形式 雑所得
保険金受取人
以外の人
保険料負担者から贈与により取得 贈与税
被保険者 相続または遺贈により取得 相続税
被保険者の
高度障害保険金
高度障害給付金
入院給付金など
            被保険者・その配偶者・直系血族その他生
計を一にする親族が受取る場合
非課税
上記以外の人が受取る場合 一時所得
中途解約に
よる返戻金
保険金受取人       一時所得
保険金受取人
以外の人
保険料負担者からの贈与により取得 贈与税
 
 
※源泉分離課税の対象となる一時払養老保険
保険利率を利用し、貯蓄性の高い養老保険に投資することがあります。この場合、保険でありながら、保険解約時に上記のように一時所得にならず、20%の源泉分離課税の対象となることがあります。以下の3条件を満たす場合です。
  1. 保険期間5年以下(保険期間が5年超で5年以内に解約するものを含む)
  2. 払込方式一時払い(保険料前納により一時払いに準じた支払方法も含む)
  3. 保険倍率

    1. 次に掲げる金額の合計額が満期保険金額の5倍未満
      (a)災害死亡保険金
      (b)疾病または障害による入院給付金日額に支払い限度日数を乗じて計算した金額
       
    2. 普通死亡保険金が満期保険金の1倍以下
つまり、上の条件を満たす場合は保険目的ではなく投資目的だとみなされて課税されるわけです。
★一時所得の場合 「満期保険金+配当金−払込保険料−50万円」が課税。
★分離課税の場合 一律20%の源泉分離課税(差し引かれて支払われる)
 

トップページへ