トップページへ

高雄・台南・台北旅行記(5日目後半)
(2016年4月29日~2016年5月5日)






 

龍山寺からはMRTで雙連のホテルに。

置いてきぼりのスーツケースとご対面。少しホテルで休んで嫁の漁師バッグを買いに迪化街へ。

5月3日15時頃の冰讃の行列具合はこんな感じ。
 
 
で、迪化街で買い物したあと、疲れたふりして小休止したのは夏樹甜品さん。この旅行中、実に杏仁不足でした。
 
 
注文はいつも迷うんだけどシンプルに杏仁豆腐。だって杏仁を堪能するんだったらゼッタイこれでしょ。もうぷるんぷるん。杏仁の味が濃厚で、甘すぎず美味だな。これはデザートじゃない、クスリだ、医薬部外品だ。

いったんホテルに戻りつつ、現烤蛋糕さんでシフォンケーキGETなり。これを冷蔵庫で冷や冷やしてぱふぱふ。
 
 
5月3日17時頃の冰讃の行列具合はこんな感じ。
 
 
台北に来ても時計の進み方は変わらない。もっと早くもっと早く、ホテルでヒツジを数えようかと思ったのになぜか違うものを数えていた。
1本、2本、3本、6本もかよ!!!海中行で買ったパッションフルーツジャムをスーツケースにパッキングしているワタクシのココロの声だ。

そして夕食わいわい。MRT淡水信義線で中正紀念堂下車。そろそろ馬英九君もお役御免だななんて思いながら向かったのは黄龍荘。今回は使命がある。ポスト済南鮮湯包探しなのだ。前回ウマさは十分確認済みだけど、再訪するために勝手に使命感を持ってみた。
 
 
注文は小籠湯包と酸辣湯と炒青菜。酸辣湯好きなので(中)を頼もうと思ったら(小)にしとけと店員さん。そういうの大好きです。

そんな酸辣湯、コクがあって辛味と酸味のバランスが美味美味。お酢をちょい足ししてベリ美味。炒青菜、もうこれは何も言うまい。テッパンだ、無難かつテッパン料理。そして小籠湯包、ベリうまー。皮は厚めで弾力豊か、これを噛み締めると肉汁ぷしゅー、たっぷりのうまうま肉汁が広がって、でももっちりした皮もおいしくてウマ笑いが止まりませんよ。
確信しましたよ、台北の小籠包はここが一番手です。
 

 
黄龍荘に別れを告げ、台北ラスつナイつデザーつは民権西路からちょいと歩いて双妹養生甜品さんです。前回は10月に来て、マンゴーがもう終わってて未遂だった店ですね。でも今回はマンゴー抜きでミルクプリンを堪能しようとやって来ました。
嗚呼イートインスペースがなくなってるぞ。客もまばらだ。もしやブームが過ぎ去ろうとしているのか。まあいい、注文は蛋白燉牛奶。
 
 
新鮮なミルクを2時間以上煮込み、調味料や添加物一切なしの一品がこれです。出ました、ふわとろんちょ。やさしい甘みに奥ゆかしい旨み。ただこの旨みをもっと堪能するんだったら黒米とか紫紫米の別の食感があったほうが好ましいかな。やっぱり台湾にはQQが必要なのだ。


しかしいつからだろう?台北での一日の終わりに双連文記花枝羹に来るのが「当然」になったのは。食べないと落ち着かないってどういうこと?お隣の站前なる店も気になっているのにココに吸い寄せられます。
そして今宵も吸います、炒米粉(ビーフン)を。
 
 
こぼれないように混ぜ混ぜして、タレをまんべんなく絡ませて頬張ればベリ美味。何度食べても、腹いっぱいでもベリ美味。新竹に行ってもビーフンの味は変わらないそうです。
 
 
この日(5月3日)、枝豆を食いながら、愛文マンゴーに翻弄された台湾で、愛する相武紗季ちゃんの結婚を知る。涙ぽろり。


1日目前半 1日目後半 2日目前半 2日目後半 3日目前半
3日目後半 4日目前半 4日目後半 5日目前半 5日目後半
6日目前半 6日目後半 7日目 撮り鉄編 TOPへ