トップページへ

オリジンとドンキとTOB

オリジン東秀の株を買った僕が、2年後に遭遇したオリジン東秀の内紛、ドン・キホーテによるTOB、ホワイトナイトとなったイオンの出現、などなどいつの間にかマネーゲームに巻き込まれた記録をここに紹介します。いい勉強になりました・・・。
 
2004年2月20日
オリジン東秀の株式を126,000円(100株、単価1260円)で購入する。
買った動機は、おいしかったから、また利用したいと思ったから、中食産業が伸びると思ったから、応援したいと思ったから。
 
2004年3月31日
最初の決算が来た。増収増益。株価約18万円。
 
2005年3月22日
オリジン東秀がジャスダック市場から東証二部へ。
 
2005年3月31日
2度目の決算が来た。増収増益。
含み益はあったが、好きな会社だったので株は長期保有するつもり。株価約22万円。
 
2005年8月
ドンキ・ホーテ及び同社社長がオリジン東秀株23.61%を取得、実質の筆頭株主へ。
ドンキに株を譲渡したのは創業者一族。創業者一族と経営陣との対立。ドンキは諸問題もあり好きな会社とは言えず、ドンキ色の付いたオリジン株の売却を決意。売却する時期は株価が上がるだろう3月半ば(利確日あたり)と色気を出す。株価約20万円。
 
2005年1月15日
ドンキがオリジン東秀株の公開買付けを発表。期日は2月9日。この時のドンキの保有割合31%。TOB価格は2800円。発表前の株価2340円、発表後の株価2740円。
この頃、僕は小売業か外食産業からホワイトナイトが現れるだろうことは簡単に想像できたので静観を決める。一方でTOBの応じ方なども調べ始める。
 
2005年1月30日
イオンがオリジンのTOBに参戦。期日は3月1日。オリジンもイオンを支持し、ホワイトナイトの登場。TOB価格は3100円。発表前の株価2670円、発表後の株価3070円。
この頃の僕は迷走中だった。ドンキがTOB価格を上げるんじゃないか、3100円でイオンのTOBに応じようか、イオン傘下になるオリジン株を保有し続けようか、株価によっては市場で売却しようじゃないか。長期保有で応援しようと思った株が、まさかマネーゲームの対象になるなんて・・・。
 
2005年2月9日
ドンキのTOB失敗。イオンのTOB成功へ一歩前進。この日の株価3090円。株価はイオンのTOB価格の3100円前後を推移している。
 
2005年2月11日
ドンキは「TOBを再度実施することは考えていない」と発表、新聞記事には『断念』の文字。
マネーゲームは終わるのか?この日の株価3100円。
 
2005年2月15日
ドンキが2月9日のTOB失敗の翌日から15日(4営業日)の間でオリジンの株を約270万株を買い増し、持ち株比率46.21%になったこと、持ち株比率が51%になるまで市場で買い増すことを発表。この日の株価3090円。
2月11日の新聞記事に騙されたと思った。イオンの勝ち目はない。僕の中でドンキ傘下に入ったオリジンの企業価値を今以上に見出せない。どうしてイオンはTOBの期日をドンキと同じ2月9日にしなかったのだろうか。もう疲れた、明日売ろう、これが結論。
 
2006年2月16日
僕は株を301,000円(単価3010円)で売った。この日の終値は2780円、安値は2590円。急落。結論を言えば得をした。TOBで得をしたことは間違いない。でも、疲れたし儲けたようには思えない。
 
2006年2月22日
ドンキの強引な買収の発表から1週間。株価は2500〜2600円で推移している。市場が不気味だ。ドンキは短期間で約3100円の株を15%も買い進めたのに、経営権獲得までの残りの5%を株価が下がっているにもかかわらず買い進めていないようだ。
 
2006年2月24日
2日前の不気味さの意味が判明した。ドンキはオリジン株46%を手土産に、イオンのTOBに応じることでイオンとの業務提携を模索していたのだ。結果的にドンキはイオンと深い結びつきを約束され、莫大なオリジン株の売却益を得ることになった。ドンキがTOB失敗後にオリジン株をあらためて買い進めた理由は、オリジン東秀の経営権が欲しかったのではなく、イオンとの業務提携にあったらしい。
 
結果的にドンキはイオンのTOBに応じることを承諾した。イオンは市場の混乱を避けるためにTOB期限を3月1日から13日に延期。株価は3080円くらいで落ち着きそうな雰囲気だ。
 
2006年3月14日
TOB期限翌日、イオンが95%強のTOB成功を発表。本日の株価3010円。
 
2006年5月31日
東証が株式上場廃止に該当するか判断するため管理ポストに割当てる。本日の株価3050円
 
2006年6月26日
オリジン東秀の上場廃止が決定。廃止日は7月27日。本日の株価2675円
 
2006年7月26日
上場最終日。終値2500円。

トップページへ