トップページへ


ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
【8ちゃいじゃないけど、はっちゃけ岩まつり♪】

(2012年8月11日〜2012年8月19日)

★ 2日目 

 


ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記 翌朝6時、熟睡ぶっこいている嫁を放置してカメラ持参で朝の散歩。朝は気持ちいい、なんて思う余裕はなくフラフラです。ただ時差ボケ解消のためには朝6時前後までは寝れなくても寝る、これが今回の大作戦。

宿泊してるアンド スイーツさんの写真なんか撮りながら、早朝くらいしか(←ベリー失礼)さわやかじゃない8月のセントジョージを満喫。
本日の予定は昼前にペイジでアンテロープキャニオン、午後はアーチーズに大移動の日なんですな。
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記

朝7時、30分前に叩き起こした嫁を連れ立って朝食へ。朝食会場で甘ったるいいい匂いのプチヨーグルトドリンクを発見。疲れたカラダへの糖分補給に利用しようとしたら、なんとワッフルの素だった。危険だ。ホットケーキミックスをがぶ飲みしちゃうワイルド野郎になるとこだ。

そんな素をワッフルマシーンに垂らしてクルクルさせれば、ほーら完成。出来立てワッフルさんにハッスルハッスルさんです。自分で作った出来立てワッフルはウマさ20%増しですね。こんなマシーンが欲しい。しかし同様の勢いで購入したホットサンドマシーンは実家のどこかに眠っている。

ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記 そんなワッフルさんとジュースとコーヒーを無理矢理腹に押し込んで1時間後には出発なんです。

ところで、今回の旅行で初導入したマシーンがこれです。普通のi-podですが、カーステレオにケーブルをつなげば、長い長いドライブにお好みの音楽が聞けて、集中力がなくなったときは車内カラオケ大会ができる超優れもの。郷に入れば郷に従え。アメリカの大地にはアメリカの音楽が似合うのは重々承知ですが、我が家はどこでも関ジャニ∞なんだから仕方ないじゃないじゃない。
ホースシューベンド セントジョージからペイジまでは約160マイル、2時間。予約してあるアンテロープキャニオンツアー会社には11時過ぎには到着必至、その前にグレンキャニオンダムに寄って、ホースシューベンドにも行かないといかん。前回グースネックで代用したけど今回は本物のホースシューベンドなのだ。
まあしかしグレンキャニオンダムに行っても大きいおますな、ごっつい竣工費やわ、とヘンなノリでスルーするだけ。さすがにホースシューベンドは楽しませていただきましたが、コロラド川が馬蹄形にカーブするダイナミックな光景はデカすぎてちょっとした広角レンズじゃ収まりませんって。
アンテロープキャニオン 11時過ぎ、予定通りアンテロープキャニオンツアーズに到着。今回参加するアッパー・アンテロープキャニオンツアー、渓谷内に日光が届く短い時間帯が混雑必至の大人気で、ツアー料金もその時間帯が少々高めなので、時間帯をずらそうと思ったこともありました。
でも少々高くても、混雑しても、最良の状態のものを見ておいた方が後悔しないんじゃないか、そう思って11時半のツアーに参加しました。結果的に言えば大正解。お見事です。強力な勢いの鉄砲水によって砂岩が削り取られ、幻想的な造形を作り出した峡谷。当日に予約なしで来てその時間帯に参加できなかった人もいましたが、日光が差さなかったら魅力激減のスポットだと思いました。混雑期は是非予約を。

あとこれは運次第だけど、大混雑のキャニオン内では、ガイドが自分の客を満足させるために他のガイドの客を追いやったり、順序よい移動を強要されます。自分勝手に動けないってこと。ガイドのチップ欲しさと言ったら世知辛いけど、力のあるガイドがいる地元のツアー会社を利用した方がもしかしていいのかもしれませんね。ではでは撮りすぎた写真の一部をどうぞ。
アンテロープキャニオン
アンテロープキャニオン アンテロープキャニオン アンテロープキャニオン
アンテロープキャニオン アンテロープキャニオン アンテロープキャニオン
 

 
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記


ツアー終了後はモアブまでの5時間弱の大移動。道順は98号⇒160号⇒163号⇒191号。その前にしっかりこの町で給油とお昼食を。お食事はバーガーキングなり。

夫婦でワッパーのセットとワッパージュニアとサラダを注文したのに、料金そのままで嫁のワッパージュニアがチーズワッパーになっていた。痛恨の作り間違え。おそらく喜んでいいやつだ。しかし、腹は途中でふくれ、嫁は匙を投げ、もったいなオバケを恐れる旦那は必死に食い漁るのでした。もうお腹いっぱーい。

ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記

そんなわけで大移動です。途中からは前回も通ったモニュメントバレーの道を辿り、前回店内で食ったら税金を取られた油断ならないマクドナルドでトイレ休憩をして、モニュメントバレーに到着です。

しかしみんな大好きモニュメントバレーを入場料と時間惜しさに横から写真をバチバチしただけで通過。おまけにフォレストガンプの道でもバチバチ。立ち止まる必要もなかったメキシカンハットはみんながスルーするんで判官びいき的にやっぱりバチバチ。

ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記 ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記 雨だ。鹿だ。そして約5時間の長い長い道のりをへて、へて、へてアーチーズのお膝元モアブに到着です。遠かった。前回は遠くて諦めた。

そんなモアブの町でお世話になったB&Bはインカ・イン(Inca Inn)さん。このB&Bのウリは日中スターバックスのコーヒー飲み放題と言いたいところだけど実はお値段がよろしかった。大きなベッドに電子レンジ、冷蔵庫、テレビなどなどが設置。清潔感で静かなのが最高だ。
正直言うとセントジョージの部屋は広くて落ち着かなかった。なんだこの贅沢な苦情は。
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記 夕飯はなんも考えていなかった。モアブの町になんかあるだろうと根拠のない理由で。まあ確かに何かはあった。レストランもスーパーマーケットも。
ただのんびり部屋で食うのが好きな我が家にはどうもしっくり来ず、早くも食傷気味で、なんか汁物をカラダが欲しているような。悩んだ挙句たまたま通りかかった四川榕という中華料理店に行って持ち帰りしてみました。
三鮮麺みたいな名前のラーメンとヤサイチャーハンです。ラーメンも持ち帰りOKがアメリカのすごいところ。
ヤサイチャーハンはアメリカによくある薄味なのでもらった醤油をぶっかけて調整し普通のウマしレベルです。
ラーメンはこれはなんかウマい。三鮮の意味がよくわからんが豚肉、鶏肉、海老とか具だくさんで、この鶏白湯のスープはコクがありながらさっぱりでカラダの中にしみ入ります。普段だったら「しみ入る=脂肪が付く」と考えがちだけどなんかこのときは本当に鶏白湯に染められたい、そう思う瞬間でした。


食後、近場のキャニオンランズ国立公園が17時を過ぎると係員不在で無料で入園できてるという情報を聞きつけ、夕日を見に行きませんかと提案したものの却下になったのは日本人の矜持かもしれない。アメリカの近場は日本の近場とはスケールが違いますが。
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記
ラスベガス&アメリカ国立公園旅行記 本日は一番長い走行距離の日でした。今回の旅の最も離れた場所に到着したわけで、ここからは戻るだけなのでちょっぴり安心できた夜でした。

ハリケーンを過ぎたあたりでこんな形をした山を見つけてしまった。何に似ているか?それは晩酌中の旦那を放って先に寝ている嫁の横寝顔でした。口開いてるぞ。

本日のレンタカー走行距離、434マイル(694.4q)。


 
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
6日目 7日目 8−9日目 前回の旅行記 トップページへ