トップページへ

高雄・台南・台北旅行記(4日目前半)
(2016年4月29日~2016年5月5日)






 

2016年5月2日

このホテルの朝は早い。14階の部屋には朝日が燦々とふりそそぐ。遮光カーテンくらい付けてくれよ。

そのおかげで8時前に連得道餅家で味噌煎餅と鶏蛋煎餅をお買い上げ。
 
 
その足で朝食会場へと向かう。台南の朝ごはんと言えば阿堂鹹粥とかなんでしょうか?しかし偏屈旅行者は思うのです。米と麺以外のものも食べたーい。
はい、炭火サンドウィッチの喜得炭火燒三明治さんです。
 
 
注文は義式鮪魚三明治(ツナサンド)と花枝天婦三明治(イカフライサンド)。両方ともパンが甘くてウマウマ。
義式鮪魚三明治はふわっふわ玉子にツナとキュウリ。花枝天婦三明治はサクサクしたイカフライにガーリックの効いたマヨネーズっぽいソースが絶妙にウマい。揚げ物だけどレタスが入ってるんで油っぽさは軽減、朝から食欲もりもりっす。

炭火焼だけどパンの焼き目は薄くて、あんまり炭火感ないな。でもウマウマ。

明日のために連得道餅家の味見少々。
 
 
味噌煎餅と鶏蛋煎餅の両方ウマし。鶏蛋煎餅の方が甘み強し。味噌煎餅は日本じゃ好きじゃなかったけどここのは味噌が味噌してなくて、ほのかな甘みへと変身を遂げいい仕事をしてて実にウマい。翌日再訪決定!

朝食後ゴロゴロする。時計よ早く進め、念じても時間は平等に消費される。
 

 
そろそろか?そろそろいいだろ?とホテルを出たのが11時すぎ。帆布屋さんを冷やかしながら小林煎餅に立ち寄る。台湾のお土産に面白みはないけどここは便利。バラマキ可能、賞味期限長し、万人受けするお味。台北の忠孝復興で買おうと思ったら閉店してたんだよね。
 
 
そしてお昼ご飯。不思議だなーあんまり空腹じゃなかったのに、ウマいものに出会うと食欲が湧くんだよなー。矮仔成蝦仁飯さんです。

本当は集品蝦仁飯さんとどっちがいいか悩んで集品蝦仁飯さんに決めたのにまさかの休業。運命だな、うんめーな矮仔成蝦仁飯。集品が休みだったからか矮仔成さん超満席。観光客待遇はなく、現地の皆さんとしのぎを削って座席を確保しましたよ。
 
 
はい、蝦仁飯と蛤仔湯を注文です。
感動です、感動しました。海老の旨みをたっぷり含んだご飯、それだけで十分ウマいのに偶然なのか少しおこげ風な仕上がり。鼻息荒めに食べましたよ。
蛤仔湯も蛤の澄んだ味に生姜が効いていてシンプルさに唸る一品でした。

次回食べ比べに集品蝦仁飯に行ってみたいけどその勇気はあんまない。

もう口の中、海老海老のまま次に通りかかったのは台南でプリンと言えばの銀波布丁さん。はい閉店ガラガラ。

次の凰商號さんは市場っぽい立地で熱気むんむん。暑さに耐えられず涼を求めてやって来たのは裕成水果店さんです。台南三大水果店を、食べたこともないのに勝手にランキング付けして3位、2位と食べ、最後にここに来て、なんで1位から食わなかったんだろうって後悔しました。

だって芒果牛奶冰を注文しようと思ったら、まだいいマンゴーが十分に揃ってなくて芒果牛奶冰は出せないって・・・。

そう前夜に知った今年の台湾のマンゴー不作情報、でもここならば大丈夫かと思ったけどダメなものはダメだったのね。あらためて痛感。
 
 
で、気を取り直して、マンゴーが不作ならおいしいフルーツを探そうと水果冰を注文。そうです、フルーツ盛り合わせ的カキ氷です。
中身はスイカ、マンゴー、台湾バナナにパパイヤなどなどトマトもあった。氷は少し粗めでシャキシャキしてる。いろんなフルーツが食べられる楽しさもあるし、旬のフルーツを出してもらえるのがいいね。トマトをフルーツとして食べてみたかったからそれも良かった。次回はこの店からだな。

カキ氷で体を冷やして、これなら大丈夫大丈夫、あの暑い市場内の店内で耐えられる、そう意を決して凰商號さんに再チャレンジです。
 
 
注文は鳳梨冰茶。パイナップルを長時間詰めて作られたものらしく、ジュースでありながら繊維質っぽいものもたくさん入ってますね。思ったよりもスッキリした甘みで酸味もやわらかくグイグイ飲んじゃいました。

暑さに疲れたらいいかも。暑さに疲れてなくてもいいかも。落ち着きのない汗ダラダラのワタクシには不向きでした。すまん。

よーしホテルで休憩だ!!!

いつも夫婦だけで旅行してるとそんなに会話ある?って聞かれます。ウマかった、まじウマかった、そんな会話ですが、何か?


1日目前半 1日目後半 2日目前半 2日目後半 3日目前半
3日目後半 4日目前半 4日目後半 5日目前半 5日目後半
6日目前半 6日目後半 7日目 撮り鉄編 TOPへ